きっと、見つかる‼
マイホーム購入への縁結び
株式会社 相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

マイホーム購入へ向かってのアンカー

株式会社相仙ホームは、お客様がご希望のマイホームに辿り着くまでお付き合いをして最後のランナーとなってお客様と共にゴールテープを切るパートナーになれる仕事を目指します。

当たり前のことを当たり前にする
Check!
伏見区でマイホーム購入を考える方へ
ご相談だけでも大丈夫です。マイホーム購入に関することはお気軽にお問い合わせください。
Point
1

建築条件付土地

建築条件付土地とは、「自己の所有する土地を販売するに当たり、自己の土地購入者との間において、自己又は自己の指定する建設業を営む者(建設業者との間に、当該土地に建築する建物について一定期間内に建築請負契約が成立することを条件として売買される土地」をいいます(規約4条6項1号)。建築条件付土地の販売広告中に表示される建物プラン例の表示については、一定の条件を満たす場合には、(建築確認がなくても)表示できるものとされています(規約6条)。建築条件付土地販売においては、どのような建物を建築するかは、土地購入者の自由意思に委ねられております。

Point
2

建ぺい率とは

建ぺい率とは、建築物の火災による類焼などを防止するために、敷地について一定の空地を確保するために考えられた数値で、建築物の敷地面積に対する建築面積の割合のことです。建ぺい率の最高限度は、各自治体の都市計画で用途地域ごとに定められています。これを指定建ぺい率といいます。

Point
3

容積率とは

容積率とは、高層建築物の火災による災害などを防止するために、敷地に対して建築物の高さを一定内に制限するために考えられた数値で、建築物の敷地面積に対する床面積の割合のことです。容積率の最高限度は、各自治体の用途地域ごとに定められています。これを指定容積率といいます。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
受付時間:09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
受付時間:09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

お客様の夢をサポートします!

保有個人データの開示、訂正、利用停止等

国土交通省ガイドライン第18条~第23条:個人情報取扱事業者は、「本人から、当該個人が識別される保有個人データの開示を求められたときは、遅滞なく、開示しなければならない。」とされています。その開示の方法は、原則、書面の交付による方法ですが、開示の請求をした本人が同意すれば、電子メール、電話等その他の方法によることもできます。一定の場合には、保有個人データの全部又は一部を開示しないことはできますが、この場合は、その旨を本人に通知しなければなりません。次に個人情報取扱事業者が、本人から、保有個人データに誤りがあり、事実でないという理由で訂正等を求められた場合は、原則として、訂正等を行わなくてはなりません。訂正等を行った場合には、その内容を本人に対し、遅滞なく通知しなければなりません。なお、利用目的からみて訂正等が必要でない場合や誤りである旨の指摘が正しくない場合には、訂正等を行う必要はないのですが、その場合には、遅滞なく、訂正等を行わない旨を本人に通知しなければなりません。さらに、本人から、一定の手続違反を理由に、保有個人データの利用停止等が求められた場合には、原則として当該措置を行わなければならず、利用停止等を行った場合は、遅滞なく本人にその旨を通知しなければならないとされています。もっとも、手続違反を是正するのに多額の費用を要するなど利用停止を行うのが困難であり、本人の権利利益を保護するためにこれに代わるべき措置をとる場合や、手続違反である旨の指摘が正しくない場合には、利用停止等を行う必要はないのですが、その場合は、遅滞なく、利用停止等を行わない旨を、本人に通知しなければなりません。個人情報保護法は、個人情報取扱事業者が、保有個人データの開示等を受け付ける方法(受付先、書面様式などの受付方法、本人確認の方法、手数料の徴収方法)を定めることができるとし、また、手数料を徴収できることを規定しています。

Contact

お問い合わせ