歴史あるまちで
新しい時代に向かって
不動産購入・売却どちらでも大丈夫です
株式会社 相仙ホーム
あなたに合った住まい探しは

新しい時代に向かっての住まい探しをサポートします

八幡市で近郊地域の伏見区でもサービスを展開しております株式会社相仙ホームは、伏見区で住まい探しをされている方のお力になれますように精一杯の努力をさせていただきます。新築住宅中古住宅どちらでもご案内をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

希望の住まい探しができるお手伝い
Check!
安心のサービスをご提供いたします
お客様が安心して住まい探しができるサポートをさせていただきます。
Point
1

個人情報の利用目的の特定

国土交通省ガイドライン第5条:個人情報取扱事業者は、「個人情報を取り扱うにあたっては、その利用の目的をできる限り特定しなければならない。」とされています。(個人情報保護法15条1項)。この「利用目的」の特定は、その後の、個人情報取扱の基本となる重要なものです。さらに、国土交通省ガイドライン第5条第2項は、国土交通省関係事業者は、利用目的の特定にあたっては、当該国土交通省関係事業者において個人情報が最終的にどのような事業の用に供され、どのような目的で利用されるかが本人にとって一般的かつ合理的に想定できる程度に具体的であることが望ましいとして、利用目的特定の方法に踏み込んでいます。

Point
2

利用目的による制限

国土交通省ガイドライン第7条:個人情報取扱事業者は、個人情報の利用目的の特定により特定した、利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取り扱う場合には、あらかじめ本人の同意を得なければなりません。ただし、法令に基ずく場合など一定の場合には、その制限を受けません。(個人情報保護法16条1項・3項)

Point
3

個人情報の適正な取得

国土交通省ガイドライン第8条:個人情報取扱事業者は、「偽りその他不正の手段により個人情報を取得してはならない。」とされています。(個人情報保護法17条)「偽り」は「不正の手段」の一例です。「偽り」のほか、不適法な又は適性を欠く方法や手段が不正の手段に含まれます。具体的な判断は、事案ごとに本法その他の法令の趣旨や社会の通念に委ねられています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
受付時間:09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
受付時間:09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市を拠点に伏見区でも営業を展開しております

伏見区の歴史をご紹介させていただきます

伏見区では、港のまち・城下町など伏見ならではの多様な魅力を再発見するとともに、住む人と訪れる人が交流する双方向の創造的な観光の実現を目指されています。伏見は天下統一を成し遂げた豊臣秀吉がその晩年に伏見城を築城しました。築城に際して建築資材を運ぶために伏見港を開き、巨椋池と宇治川を分離させるための大規模な工事を行いました。そして、太閤堤、槙島堤と呼ばれる堤防を築き、宇治や奈良などを結ぶ街道としました。また淀城を破棄、文禄4年には聚楽第を破棄、天下の中心ともいえる一大拠点となりました。慶長4年には徳川家康に別格扱いで向島に城構えの屋敷を与え、向島城に入るように提言したと言われております。徳川家康はこの城に豊臣秀吉を招き観月会を催したと言われています。また、幕末の歴史を訪れる散策コースがあり、薩摩藩島津伏見屋敷跡を巡るコースは、同屋敷は近藤勇を襲撃したといわれる伊藤甲子太郎の一派がかくまわれた場所で坂本龍馬が寺田屋で襲撃された際にかくまわれた場所でもあります。伏見奉行所跡・寺田屋旧跡地・川べりからの酒造風景・古の酒造用具類や鳥羽伏見の戦いの遺物を展示する月桂冠大倉記念館など、幕末の伏見の歴史を散策することができます。

Contact

お問い合わせ