中古物件を豊富に
取り揃えております
ご相談だけでも大丈夫です❕
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市に拠点を構える不動産会社株式会社相仙ホームは、新築物件・中古物件・マンション不動産等の購入に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるようサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
無料査定でアドバイスさせていただきますので、不動産売却を希望される方はお気軽にお問い合わせください。
Point1

建築確認

建築確認とは、個々の建築物の安全や衛星を確保するため、建築物の建築等をしようとする者は、工事着手前に建築主事等の確認を受けなければならないという制度です。

Point2

建築基準法

建築基準法とは、国民の生命や財産、健康の保護を図り、公共の福祉の増進を目的とするために、建築物の敷地や構造、設備、用途の最低基準を定めたものです。

敷地と道路の関係:建築基準法では、建築物の敷地は、原則として幅4m以上の道路に2m以上接していなければなりません。これを接道義務と言います。

Point3

建築面積

建築物の真上から光を当てたときに、その真下にできた影(水平投影面積)が建築面積である、というイメージです。ただし、地階で地盤面上1m以下にある部分やひさし・軒などで1m以上突き出している場合にその先端から1m後退した線までの部分は、建築面積には算入されません。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市でお客様に寄り添った営業をしております

建物状況調査の概要

宅建業法第34条の2に規定される「建物状況調査」とは、平成29年2月に国土交通省告示第82号として定められた既存住宅状況調査方法基準に基づいた既存住宅状況調査のことを示しており、その告示の解説が国土交通省によりリリースされているものの、読み手はあくまで既存住宅状況調査技術者講習を修了した建築士(既存住宅状況調査技術者)であり、日頃から建築基準法や建築の現場に接していなければ、それらを理解することは難しいのではないでしょうか。この建物状況調査は、既存住宅を売買する際の義務はないにせよ、取引後のトラブルの抑制やこの調査を実施しておくことで建物購入後に調査結果を用いて改善やメンテナンスも可能になり、調査の結果 、建物の状態が 一定の条件を満たしていれば既存住宅売買瑕疵保険加入の際にも有効となります。この調査の対象となる建物は新築住宅以外の住宅いわゆる既存住宅であり、一戸建て住宅と共同住宅等を指します。また、店舗・事務所などとの併用住宅も含まれ、その中の住居部分(非住居部分との共用部分も含む)が調査対象となります。対象建物の構造が木造であるか、鉄骨造であるか、あるいは鉄筋コンクリート造であるかによって調査する箇所や状況が変わりますが、「構造耐力上主要な部分」「雨水の侵入を防止する部分」について調査する点は共通しています。それらの調査の他にも「耐震性に関する書類の確認(第11条)」があります。

Contact

お問い合わせ