不動産購入に関する
情報を提供します
不動産購入・売却はご相談ください
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

購入に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市八幡市近郊地域でサポートしております株式会社相仙ホームは、新築物件・中古物件・中古マンション不動産等の購入に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、不動産購入の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
新規不動産購入をご検討されている方、丁寧なサポートします!お気軽にお問い合わせください。
Point1

疑わしい取引の届出

取引に係る業務の過程で、収受した財産が犯罪収益ではないかという疑いが生じたり、顧客が犯罪収益を隠匿しようとしている疑いが生じた場合等には、「疑わしい取引」として、速やかに行政庁(免許行政庁)に届け出なければなりません。この際、どういった場合が届出の対象になるのかは、宅建業者において、不動産業界における一般的な知識と経験をもとに、顧客の属性や取引時の状況その他の情報を総合的に勘案して判断するとされています。

Point2

造作買取請求権

借家契約が期間満了又は解約申し入れによって終了したときに、賃借人が建物に備え付けた造作を賃貸人に買い取ってもらうよう請求する権利です。この権利の対象となる造作とは、賃貸人の同意を得て又は賃貸人から譲り受けて設置したものであることを要します。造作買取請求権は形成権であるから、賃借人の請求により直ちに効果が生じるが、造作買取請求権に基ずく代金の支払いを担保するため、建物に留置権を行使することは認められません。なお、造作買取請求権を排除する特約は有効です。

Point3

双方代理

同一人が当事者双方の代理人となって契約することです。契約の当事者は利害が対立するのが通常であるため、同一人が両者の代理人となるといずれか一方の利益が著しく害されてしまいます。そこで民法は原則としてこれを禁止し、違反した行為は無権代理と扱うこととしました。なお、債務の履行や登記の申請のようにすでに生じている権利義務の履行をするだけのような場合は、当事者に損害を与えるおそれがないため双方代理も認められます。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

境界の明示

(境界の明示)第4条 売主は、買主に本物件引渡しのときまでに、隣地との境界を現地において明示する。とあります。境界の明示の方法について、現地において境界標や杭、ブロック塀などの現況を基準として隣地との境を買主に明示すればよいと簡単に考えがちですが、杭や塀のある場所が境界と一致しているとは限りません。すでに隣地との間で境界確認済みで境界標が入れられており境界確認済書もある場合は、境界確認済書にそって境界標を明示していけばよいのですが、隣地所有者との間で境界確認が未了の場合には、買主に対してはその旨を正確に説明すべきです。「境界」とは、法的には、個々の土地を区画する公法上の区分線です。不動産登記上、土地は1区画ごとに地番が付けられて1区画を一筆の土地として登記簿の表題部に記載します。この地番と地番の境が境界です。したがって境界は、地番が付されたとき(明治時代に最初に地番が創設されたとき、あるいは、そのあとの分筆・合筆登記によって新たに地番が生じたとき)に定まり、固定され、そのあと境界線が移動することはありません。すでに定まっている境界線を、私人間の合意のみで自由に変更することもできません。(ただし、合分筆の手続きを行うことにより境界線を変更したのと同じ効果を作り出すことは可能です)。

Contact

お問い合わせ