新築物件を豊富に
取り揃えております
新築・中古物件両方をご案内できます
株式会社相仙ホーム
あなたに合った住まい探しは

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市に拠点を構える不動産会社株式会社相仙ホームは、新築物件に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるようサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
買い替えや住み替え又は空き家問題でお悩みの方のサポートも承ります。お気軽にお問い合わせください。
Point1

等高線

地図上で見ると、地表面の傾斜が急な土地では、等高線の間隔は密(等高線の間隔が狭い)になっているのに対して、傾斜が緩やかな土地では等高線の間隔は疎(等高線の間隔が広い)となっています。なお、地形図の上で、斜面の等高線の間隔が不ぞろいで大きく乱れているような場所では、過去に崩壊が発生した可能性があることに注意が必要です。

Point2

扇状地

扇状地とは、山地から河川により運ばれてきた土砂・砂礫等が堆積した地盤です。山地から平野部の出口で、勾配が急に緩やかになる所に見られ、等高線は谷の出口を頂点とする同心円状になる、扇状の地形です。扇状地は、水はけがよく支持力もあるため、建築物の基礎として適切な地盤となり得ますが、もともと土石流の流出口にあたり、その災害発生の危険性がある点に注意を払う必要があります。

Point3

谷底平野

谷底平野は、傾斜がかなり急な山にその周辺に囲まれている場合が多く、また、小川や水路が多く見られます。そのため、長期の雨や豪雨によって、洪水災害を受ける可能性が高くなっています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市でお客様に寄り添った営業をしております

地盤について、地盤の重要性

東日本大震災の影響によって多くの住宅が被害を受け、住宅リフォーム・紛争処理支援センターへの地盤や基礎に関する相談件数が、2010年度~2011年度にかけて大幅に増加しました。建築は人間を守るシェルターの役割も果たしているため、その骨組みである構造がしっかりしていることはもちろんのこと、構造を支持している地盤がどのような状態であるかについて把握しておくことも非常に大切です。万が一、敷地の地盤に問題があった場合、建物の重みで地盤が沈下し、建物の変形の原因となる可能性があります。このような変形が起こってしまった場合、家が傾く、壁にひびが入る、柱が折れる、窓が開かなくなるといった日常生活の安全・安心を揺るがすことになります。それゆえに、それらのリスクを軽減するためには、あらかじめ土地の地盤情報を収集しておくことや、不良地盤であった場合、地盤改良や構造的な補強など何らかの対策が必要になってきます。また、軟弱地盤の可能性の高い土地としては、河川や海の近くなどの低い土地、砂質地盤や埋立地、過去に水質の多い地域、傾斜地における盛土部分、かつて川や沼があった場所などが挙げられます。また、土地の地名に沼・谷・窪・沢・田・池などといった水に関連した文字が含まれている場合には注意すべきでしょう。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事