不動産情報を豊富に
取り揃えております
八幡市地域密着のサービスを提供します
株式会社相仙ホーム
あなたに合った住まい探しは

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市に拠点を構える不動産会社株式会社相仙ホームは、新築物件・中古物件・マンション購入に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるよう地域密着のサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
住み替え・買い替え・空き家問題の解決に向かってご検討されている方のお手伝いを承っております。
Point1

代理人

代理人とは、代理権を有する者をいいます。代理は本人に代わって意志表示をなし、効果は本人の方に帰属する制度であるから、代理人自身の利益が害されるおそれはありません。そこで民法は制限行為能力者でも他人の代理人となり得ることを認めています。したがって、代理人が制限行為能力者だったという理由では、本人・代理人又は法定代理人も、その代理行為を取り消すことはできません。なお、本人の意思表示によって代理権を受けた者を任意代理人、法律の規定によって代理権を取得した者を法定代理人といいます。

Point2

対抗要件

すでに成立している権利関係を第三者に対して主張(対抗)し得るための要件をいいます。民法177条は不動産に対して所有権などの物件を取得した場合につき登記を対抗要件と定め、民法178条は動産の場合につき引渡しを対抗要件と定めています。例えばAの所有地を購入したBは所有権を得ていてもその旨を登記しない限り、第三者、例えばその土地をAから二重に譲り受けたCなどに対し、所有権の取得を原則として主張しえず、CからBより先に登記を得てしまうと、Bは結局所有権を取得しなかったのと同じ結果になってしまいます。この場合、BはAに対して債務不履行の責任を問う以外ありません。

Point3

損害賠償額の予定

損害賠償額の予定とは、債務不履行の場合に債務者が支払う損害賠償の額を、あらかじめ当事者が契約で決めておくことです。通常は、債務不履行の際に債権者が損害発生の事実と実際に生じた損害額等を証明して債務者に請求するのが原則です。これに対して損害賠償額の予定を定めておけば、これらの証明をすることなく予定賠償額を請求することができます。この場合に実際の損害額と予定賠償額に違いがあっても当事者は予定賠償額に拘束され、裁判所も原則として予定賠償額を増減することはできません。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市でお客様に寄り添った営業をしております

公的住宅ローンと民間住宅ローンの違い

住宅ローンにはどのようなものがあるのか、まずはアウトラインをつかんでおきましょう。また、公的住宅ローンと民間住宅ローンの大まかな違いについて、ご説明させていただきます。住宅ローンには「公的住宅ローン」と「民間住宅ローン」があります。公的住宅ローンとしては、財形住宅融資や自治体融資などが挙げられます。民間住宅ローンに比べ、借入限度額が少なく、物件に対する条件が厳しいという特徴があります。なお、住宅金融公庫は平成19年3月末で廃止され、独立行政法人住宅金融支援機構となりましたが、機構が行う直接融資は(災害融資・財形住宅融資などを除いて)基本的に行われていません。一方、民間住宅ローンは、銀行などの金融機関、JA、住宅ローン専門会社、一部の生命保険会社などで取り扱っています。機構が住宅ローン債権を買い取る形で多くの金融機関が販売する「フラット35」も民間住宅ローンに属します。民間住宅ローンの特徴としては、借入限度額が大きめであるほか、物件に対する条件は公的住宅ローンに比べるとやや緩やかです(ただしフラット35は機構の定める技術基準に準じます)。「固定金利型」「変動金利型」のほか、「固定金利期間選択型」という特約期間中のみ金利が固定されるタイプなど、1つの金融機関でも商品のラインナップが幅広いのも特徴といえます。また、勤務先によっては、社内融資などの専用の住宅ローンが利用できる場合もあります。

Contact

お問い合わせ