新築物件を豊富に
取り揃えております
ご相談だけでも大丈夫です!
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市を拠点に地域密着でサービスを展開しています株式会社相仙ホームは、新築物件又は中古物件や中古マンション購入に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるようサポートいたします。お気軽にご相談してください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
買い替え又は空き家問題でお悩みの方のご相談も承っております。お気軽にご相談してください。
Point1

定期借地権

約定期間の満了により確定的に借地関係が終了する制度をいいます。これには三つの型があり、①存続期間を50年以上と定める一般定期借地権、②もっぱら事業目的に供する建物の所有を目的とする期間10年以上50年未満の事業用定期借地権、③30年以上の期間を定め、期間満了後に借地上の建物を相当の対価で地主に譲渡することをあらかじめ約定する建物譲渡特約付借地権であります。一般に定期借地権というときは、①のものだけを指すことが多くあります。

Point2

長期譲渡所得

譲渡した年の1月1日現在で所有期間が5年を超える土地建物の譲渡による所得をいいます。原則として、課税長期譲渡所得金額に対して一律15%の税率で課税されます。軽減措置として、①居住用財産を譲渡した場合の長期譲渡所得の軽減税率、②優良住宅地の造成等のための譲渡の軽減税率、③特定の居住用財産の買換えの課税の特例等があります。

Point3

仮登記担保

仮登記はそれ自体では対抗力を有しないが、後に本登記に代えることにより仮登記をした時点までさかのぼって対抗力を有します。仮登記の持つこの性質を利用して債権担保の手段としたものが仮担保登記です。例えば、3.000万円の借金の担保として5.000万円の自宅に債権者の仮登記を行い、期日までに返済しないときは仮登記を本登記にする(すなわち自宅の所有権を移転する)ことを約束すれば、債権者は安心してお金を貸すことができます。このような仮登記担保も、3.000万円の借金のかたに5.000万円の不動産を丸取りするというような不公平が生じるため、仮登記担保法という法律では債権者に精算金の交付を義務付けられています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市でお客様に寄り添った営業をしております

購入相談受付

購入相談の目的は、物件案内に向けて希望する物件のイメージをつかむことです。ただし、それは前提条件があり、お客様の購入できる範囲内の物件であることです。そのうえで物件のイメージをつかみ、案内をしていくことになります。購入相談において新人とベテランの大きな違いは、最初の購入相談で買主の購入可能価格帯を明確にできるかどうかです。価格帯を明確にすることで物件が絞り込まれるため、トラブルの防止にもつながります。したがって、資金計画を念頭に置きつつ、購入できる範囲内での物件のイメージをつかみつつ、チェック項目についてお客様から聞きながら確認していきます。これらのチェック項目をすべて埋められれば、お客様が望む購入物件のイメージをつくれます。ただ、お客様がもつ物件のイメージは漠然としたものですから、単に話を聞いているだけでは、現実とは合いにくいからです。そのため、話をしながらイメージを引き出し、漠然としたものを、現実の物件に合わせて「リビングは1階にあったほうがいいのでしょうか?」「収納は多いほうがいいのでしょうか?」と具体的に詰めていき、チェック項目を確認していくようにしていきます。そのうえで、物件を選択し紹介していくことになります。

Contact

お問い合わせ