不動産情報を豊富に
取り揃えております
ご相談だけでも大丈夫です!
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市を拠点に地域密着で営業をしています株式会社相仙ホームは、新築物件・中古物件購入に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるようサポートいたしますので、ぜひお気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
購入をお考えの方に納得いただける価格の新築物件又は中古物件をご案内しております
Point1

雑種地とは

不動産登記規則や不動産登記事務取扱手続準則では、地目は23種類と定められていますが、そのうち22種類のどれにも該当しない場合の地目を雑種地といいます。

Point2

扇状地とは

山地から平野郡への出口で、扇状に広がる平坦な地形のことです。水はけも良く支持力があるため、建築の地盤としては適切ですが、もともと土石流の流出口にあたりますので、災害には注意が必要です。

Point3

不動産登記法

不動産の登記は、不動産登記法とその関係法令に基づいて行われます。不動産の権利関係をはっきりさせておくために行われるものであり、登記されている不動産については登記事項とその内容について調査することによって、不動産の権利関係をおおよそ知ることができます。しかし、登記することができない権利もありますし、登記することができても登記していない権利もあります。権利に関する登記は、関係当事者の申請によって登記され原則として強制はされません。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

中古物件売却で重要なところです

不動産登記事項証明書(乙区における権利関係)

乙区で見るのは、現時点で抵当権その他が付いているかどうかです。そして、この不動産を担保にしていくらの金員を借りているのかを見ます。全く抵当権が付いていないなら問題ありませんが、抵当権があるようなら売却時には抵当権等を外さないといけませんから、売却価格が借りている融資の残高を上回ることが必要になります。そうでないと抵当権を消すために現金が必要となります。残高を確認するには、現時点で金融機関から残高証明書をもらうのがいちばん確実ですが、それも時間がかかるので、融資の償還表(金融機関から借り入れをしたときに、何年何月にいくらを返済するのかを明記した書類)を用意してもらいます。それを見ながら、所有者へのヒヤリングをして正確な残高を把握していきます。乙区の登記目的を見ると、「抵当権設定」と「根抵当権設定」の2つが多く出てきます。抵当権とは、「不動産を担保にお金を貸しますが、もし返済ができなくなったらこの不動産を処分してお金を返してもらいますよ」という権利です。原則は借りた日を頂点に年月が経ち返済が進むとともに返済残高は減少していく仕組みになっていますが、支払いの遅延や延滞があった場合は、その分の遅延損害金などが加わっていることもありますので、その限りではなくなります。住宅ローンの場合はこの抵当権設定となります。

Contact

お問い合わせ