住宅ローンのことなら
お任せください
新築中古住宅多数ご案内致します
株式会社相仙ホーム
ご相談だけでも大丈夫です!

購入に向けて全力でサポートいたします

八幡市に拠点を構える不動産会社は、新築住宅中古住宅マンション購入に関するご相談を承っております。お客様が安心して手続きを進められるようサポート致しますので、ぜひ気軽にご相談ください。

お客様に寄り添った対応をいたします
Check!
丁寧な接客で安心できます
購入をお考えの方に納得いただける価格の新築住宅・中古物件・中古マンションをご案内しております
Point1

元利均等返済

元利均等返済は、毎月の返済額(現金+利息)が一定額となる返済方法で、元金均等返済よりもポピュラーな返済方法といえます。固定金利型であれば返済終了まで返済額は変わらず、固定金利期間選択型であれば固定金利期間中は月々の返済額は変わりません。そのため家計管理面から考えると、返済計画も立てやすいという特徴を持っています。

Point2

元金均等返済

元金均等返済は、毎月一定の元金に、残元金に対しての利息額を上乗せして支払う返済方法です。利息額は返済が進むにつれて少なくなっていきますので、毎月返済額(元金+利息)も次第に少なくなっていきます。また、当初から元金返済分が比較的多いため、元利均等返済に比べると残元金の減り方がより早く、支払う利息額も元利均等返済よりは少なくなります。

Point3

ボーナス併用返済・返済期間

住宅ローンの返済方法には、「毎月返済」と「ボーナス併用返済」があり、どちらかを選択するようになっています。返済額を計算するときには、融資額全体を毎月返済分とボーナス返済分に分けてそれぞれ計算します。ボーナス返済に振り向けられる割合は、フラット35では融資額全体の40%以内ですが、他の民間住宅ローンは融資額全体の50%以内となっているケースが多いのです。ボーナスは景気や会社の業績の影響を大きく受けることがありますので、ボーナスに頼った返済計画は危険です。できればボーナス併用返済は利用しない、また利用する場合もボーナス返済分をできるだけ少なくする方向で検討するようアドバイスしましょう。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市でお客様に寄り添った営業をしております

金利タイプ選びの基本的な考え方

市場金利の働きによって、金利のタイプによりそれぞれどのような影響を受けるのかを認識するとともに、金利情勢にも敏感になり、お客様に説明できるようにしましょう。金利上昇局面においては、一般に固定金利型あるいは固定金利期間選択型の中でも、固定金利期間が長期のものが将来的には有利とされています。借入当初は変動金利型や短期の固定金利期間選択型の商品の金利のほうが低いので低金利を享受するためになるべく低い金利のものを、という考え方をする場合もありますが、これらのローンは金利が上昇すればいち早くあおりをうけることになり、逆にせっかくの低金利の恩恵を短期間しか受けられなくなってしまう可能性も大きいのです。金利が上昇してきたら長期間固定金利がすでに上昇してしまっているでしょう。住宅ローンは長期にわたる返済となるケースが多いため、展望も長期にわたって考慮する必要があります。金利上昇局面とは逆に、金利下降局面において固定金利型や固定期間の長い固定金利問題選択型のものは不利になる可能性があります。このような金利タイプを利用していた場合には、借換えを行うことにより、適用金利を下げていく対策を取るべきです。金利下降の恩恵を最も早く受けられるのは変動金利型です。固定金利期間選択型でも、固定金利期間の短いものであれば比較的金利下降の恩恵を受けやすいのです。また、変動金利型や短期の固定金利選択型の商品であれば、金利が下降局面から上昇局面へ変わるようなタイミングの際も、金利を固定するなどの対策が取りやすいのです。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事