魅力ある未来に
あなただけの居住空間
中古物件売却を全力サポートします
株式会社相仙ホーム
ご相談だけでも大丈夫です!

中古物件売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市付近の枚方市・伏見区等で営業しております株式会社相仙ホームは、中古物件・マンションの住み替えに関する相談依頼を受け付けております。お客様の生活がより良くなるためのご提案ができますようお手伝いをさせていただきます。中古物件売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
丁寧な対応で安心のサポート
新築戸建住宅・中古物件・中古マンション等のご購入をご検討されている方のお手伝いも承っております!
Point1

価格根拠の明示義務

宅建業者は、媒介契約に関する物件の価格又は評価額について意見を述べるときは、その根拠を明らかにしなければなりません。つまり、周辺の相場感、坪単価、同じマンションの成約事例など合理的な根拠がない限りアドバイスそのものをしてはいけないということです。根拠明示義務を設ける理由は、売買当事者に不確かな予断を与えて売買で利益が生じるように思わせることがないようにするためと考えられます。

Point2

媒介契約の有効期間と更新

依頼者が他の宅建業者と契約ができない「専属専任媒介契約」「専任媒介契約」の有効期間は、3カ月を超えることはできません。これより長い期間を定めたときは、その期間は3カ月となります。一方で、「一般媒介契約」は法律上は期間の制限を受けませんが、標準媒介契約約款では一般媒介でも「3カ月を超えない範囲で」とされています。また、有効期間の更新は、依頼者の申出によってのみすることができ、自動更新などの特約は無効となります。なお、更新後の期間も更新の時から3カ月を超えることはできませんので、更新のたびに媒介契約書の取り交わしが必要になります。

Point3

媒介契約の報告義務

専任媒介契約を締結した宅建業者は、依頼者に対し、当該専任媒介契約に係る業務の処理状況を2週間に1回以上(専属専任媒介契約にあたっては、1週間に1回以上)文字または電子メールにより報告しなければなりません。電話だけの口頭報告では駄目で、文字として伝えることが必要になります。また、購入申込書等の、売買又は交換の意思が明確に示された文書による申込みがあった時は、依頼者に対して遅滞なく報告することも義務付けられています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

リノベーションをして魅力ある居住空間に

リノベーションとは、既存の建物に大規模な改修工事を行い用途や機能を変更して性能を向上させたり付加価値を与えることです。マンションの部屋から1棟また、木造・RC造・鉄骨造等、特に構造に関係なく行うことが可能です。

アメリカやヨーロッパでは古い家屋をリノベーションして住むことは当たり前みたいです。古い外観の建物の中に一歩足を踏み入れてみるとモダンな居住空間が広がっているのを映画などで見た方もおられると思います。しかしながら日本ではまだリノベーションの知名度はあまり高くありません。しかし、中古物件をリノベーションする、またはリノベーションされた中古物件を検討範囲に入れることで、新築物件よりもリーズナブルな価格で、予定よりも便利の良い場所や大きな建物を選択できる可能性があります。利便性や人気のある場所を中心に探されている方は中古物件も検討範囲に含めるとお客様の理想的な居住空間が見つかるかもしれません。

Contact

お問い合わせ