大山崎町の空き家
売却のことなら
不動産売却を全力サポートします
株式会社相仙ホーム
ご相談だけでも大丈夫です!

不動産売却の情報をご提供します

八幡市を拠点に八幡市近郊地域の大山崎町でもサービスを展開しております株式会社相仙ホームは、大山崎町で空き家売却でお悩みの方のお手伝いをさせていただきます。お気軽にご相談してください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
安心して任せれるサポートいたします
大山崎町で空き家問題でお悩みの方のお力になります。ご相談だけでも大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。
Point1

売主に案内後の報告

お客様の案内が終わったら、売主が居住中ならもう一度部屋に戻って簡単に案内をした感想などを報告しておきます。お客様が気に入ったかどうかといった簡単なものです。その理由としては、売主は案内の結果、お客様がどう思っていたかがとても気になるものです。その不安な気持ちが長く続くと、不満に思います。そこで、早めにお客様がどう思っているのか、この時点での感想を伝えることで、売主の不安を少しでも解消できるように努めさせていただきます。と同時に売主が宅建業者の案内や立会いの説明などをどう思っているかを確認し、修正すべき点があれば次回から修正していくようにします。

Point2

売主への案内結果の報告

案内があった翌日までにはお客様もしくはお客様側の宅建業者に、率直な感想を尋ねて、物件を見た正直な感想を聞きます。お客様の感想を確認したら、売主への案内の結果としてその感想を伝えます。宅建業者はあくまでサポートの立場ですから、必ず売主の判断や理解のもとに販売活動を進めていく必要があります。そこで、お客様の感想を正直に伝えることで売主に現状を的確に把握してもらい、販売活動で共同歩調を取れるようにします。感想の内容によってはお客様に細かく説明する資料を用意するとか、価格を下げる交渉も必要となる場合もありますので、売主にはお客様の感想をしっかりと伝え対策を取っていきます。

Point3

納得の住まいをお探しいたします

八幡市を中心に営業を展開しております株式会社相仙ホームは、近郊地域の大山崎町で住まい探しに関する豊富な情報をご提供しております。お客様が納得できる住まいをご案内いたしますので、物件探しに関してはお任せください。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

売却準備についての説明と費用

買主が物件をすべて自分の目で確認し、よく理解したうえで「買いたい」と思ってもらうことです。その目的のために宅建業者側で、行うことと、売主側で行うことの2つの準備があります。まず、宅建業者側で行うことは以下のようなことと考えています。宅建業者側の準備:1.建物の室内や立地など日当たりが良く、明るく感じてもらえるようにする*曇りや雨の日には照明の電気をつけるなど。2.すべての部屋や土地の隅々まで確認できるように整理整頓をする。3.案内前には軽く掃除をする*売主から物がなくなったとトラブルが発生しないように注意する。居住中の場合は不要。4.物件の情報をまとめた冊子(ファイル)を作り、それを基に説明を行う*必要に応じて資料を買主に渡したほうが、買主も自宅に戻ってから資料を見直しながら検討しやすいようにする。5.物件の案内看板を準備する。空室なら各部屋の説明版を用意するなど。6.案内のためにスリッパや手袋を用意して、物件及び買主が汚れないようにする。7.メジャー、方位磁石、懐中電灯(携帯用照明器具)を買主のために用意をしておきます。上記7点の準備を、物件が空室もしくは更地と居住中の場合に分けて、必要に応じて行います。なお、買主から物件周辺の情報について聞かれることもあるので、売主立会いの場合は不要ですが、そうでないなら事前に売主に物件状況確認書(告知書)などを記載してもらい用意をしておきます。一方で、売主には次のような準備をしてもらいます。なお、1.2.は共通です。3.できる範囲内で整理整頓をしてもらい、必要であれば掃除をしてもらいます*物がないほうが部屋や土地は広く感じられ、高く売れる可能性が出てくるからです。収納の中も見てもらうため、中身の整理整頓もできればしてもらえるようにお願いをします。4.中古戸建ての場合は間取図面を用意してもらいます*柱の位置など耐震性を判断するために必要です。間取りも確認してもらいます。その他、事前にコピーを取れなかった資料なども、買主へ見せるために売主に用意してもらいます。高く売れるために何をしたら良いかを、売主とよく話し合いをして、事前にできることを取り決めしておき、最善を尽くします。

Contact

お問い合わせ