不動産売却に関する
情報を提供します
ご相談だけでも大丈夫です‼
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市や京都市等で営業しております株式会社相仙ホームは、不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、不動産売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
不動産購入をご検討されている方のお手伝いも承っております。新築物件・中古物件どちらもご案内致します。お気軽にお問い合わせください。
Point1

意思表示

意思表示とは、法律上の効果の発生を目的とする人の表現行為で、法律がその目的通りの効果の発生を認めていることをいいます。例えば、「愛している」といっても法律上は何の効果も発生しないから、これは民法上の意思表示ではありません。これに対して、「結婚しよう」ということは、相手がこれを承諾することによって、婚姻予約という法律上の効果が発生するため、これは民法上の意思表示である。そして、この意思表示を要素とする行為を「法律行為」といいます。

Point2

一筆の土地

本来連続している土地は、人為的に様々な方法で区画割りされています。このうち、登記簿の編成を目的に区画された1個の土地を一筆の土地といいます。登記簿に記録される登記記録は、土地については、一筆の土地ごとに編成され、地目、地積、地番等を表題部に記載されています。

Point3

査定の考え方

査定物件の所在地(都道府県)における新築単価を基に、建物の規模や耐震性、基礎・躯体をはじめ建物に使用している部材や設備のグレードと耐用年数、リフォームや維持管理の状況などを考慮して現時点での現存価格を算出します。これに、住宅性能や省エネ設備などの付加価値が確認できれば、さらに加点されます。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

広告表示の開始時期の制限

広告表示の開始時期の制限の内容:宅地の開発計画やマンションの建設計画を立てても、確実にその計画が実現される保証はありません。開発許可又は建築確認を受けることができなかったり、大幅な計画変更を余儀なくされたりした場合には、広告表示どうりの物件を供給することはできなくなるおそれがあります。このように、計画実現性について法的な保証がない時点から販売広告ができることとすると、その広告表示を見た消費者は、自分の期待した住宅・宅地の取得のチャンスを失うことになり、他方、他の競争事業者は自己の顧客を失う結果となるおそれがあります。宅建業法は、これを防止するため、いわゆる青田売り物件の売買その他の業務に関する広告の開始時期を制限しています。宅建業法第33条は「宅地建物取引業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、当該工事に際し必要とされる都市計画第29条第1項又は第2項の許可、建築基準法6条第1項の確認その他法令に基づく許可等の処分で政令で定めるものがあった後でなければ、当該工事に係る宅地又は建物の売買その他の業務に関する広告をしてはならない。」と定めています。表示規約においても、第5条において、「事業者は、宅地の造成又は建物の建築に関する工事の完了前においては、宅建業法第33条に規定する許可等の処分があった後でなければ、当該工事に係る宅地又は建物の内容又は取引条件その他取引に関する広告表示をしてはならない。」と定め、宅建業法第33条と同一内容の規制をしています。表示規約第5条(広告表示の開始時期の制限)の規制対象となるのは、新聞やチラシ等による「広告」だけでなく、店頭や戸別訪問におけるセールスマンの口頭説明など表示規約第4条第5項に該当するすべての「表示」が含まれます。したがって、シリーズ広告、予告広告、名称募集広告等も開発許可や建築確認等を受けた後でなければ行うことはできません。なお、建築確認を受けた後に、当該確認に係る建築物の計画の変更(国土交通省令で定める軽微な変更を除く。)をして、第1号から第3号までに掲げる建築物を建築しようとする場合(増築しようとする場合においては、建築物が増築後において第1号から第3号までに掲げる規模の者となる場合を含む。)は、「変更の確認」を受けなければなりません。この「変更の確認」と広告の開始時期の制限(宅建業法第33条)と関係について、国土交通省不動産業課は、「宅地建物取引法の解釈・運用の考え方」において、通知しています。

Contact

お問い合わせ