不動産売却希望の方
スピード無料査定
ご相談だけでも大丈夫です!
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

納得できる不動産売却をサポートします

八幡市を拠点に京都市、枚方市等で営業しております株式会社相仙ホームは、不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、不動産売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
不動産売却でお悩みの方のお手伝いを承っております。無料査定させていただきますので、ご相談だけでも大丈夫です。お気軽にご相談してください。
Point1

既存不適格建築物

既存不適格建築物とは、建築基準法の施行又は適用の際、現に存する建築物又は現に工事中の建築物で、施行後の規定に適合しない部分を有するものをいい、これは違反建築物と扱われません。例えば、都市計画区域外にあった建築物が都市計画区域内に編入されたことにより、建築基準法の集団規定に適合しない場合でも、それをもって違反建築物とはなりません。

Point2

更地

更地とは、建築その他の工作物が設置されてなく、かつ、借地権等の使用収益権も存在していない土地のことです。類似の語句に「空き家」があるが、空き地は事実上使用されていない土地を指し、その権利関係は問いません。一般的に建物が建てられている土地より更地の方が取引価格は高くなります。なお、建築物が建っている土地を建付地といい、借地権などが設定されている土地を底地といいます。

Point3

売主が求めていることの理解と対応

売主・買主が求めているものを理解して、それに対応するように心がけています。それでは、まず売主が宅建業者に求めていることは何なのか、考えられるのは次の3つです。1.物件をよく理解して、買主にアピールすること。2.その結果として、高く売ってもらうこと。3.ただし、後日にトラブルがないように安全な取引とすること。この中で売主がどこをより重視しているかといえば、まず2.の価格です。高く売る。ここへの優先順位はどの売主も高いと思っています。多くの売主にとって最優先事項だと考えて、最善を尽くす仕事を心がけています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

物件の所在地について

取引しようとする不動産の所在地は、都道府県、郡、市町村、字及び地番を表示しなければなりません(規則第10条第2号)。この場合、県庁所在地、政令指定都市及び特別区(都の区。)に物件が所在する場合は、都道府県名の表示を省略することができます。なお、ここでいう所在地とは、不動産登記法による地番区域及び地番(登記地番)をいい、住居表示番号ではありません。また、一団の宅地又は建物を分譲する場合は、代表地番である旨を明らかにして、その団地の代表的な地番のみを表示することができます。取引しようとする団地が2以上の都道府県又は市町村にまたがっている場合は、異なる行政区画内の代表地番を表示する必要があります。例えば、環境、地域イメージ等に格差があるときに、イメージ等の良好なものの区域の登記地番しか表示しない場合は、「不動産の所在地について、実際のものよりも優良であると誤認されるおそれのある」不当表示となります。また、学校についての表示をする場合は、通学区も異なるためその旨とそれぞれの所在地に対応する通学校を具体的に表示する必要があります。また、複数の団地を一つの広告で同時に表示する場合は、それらが相互に近隣する位置にあっても、それらの団地は一団をなしていないため、それぞれの団地ごとに所在地をはじめとする物件概要(必要な表示事項)を表示しなければなりません。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事