中古物件売却は
ご相談してください
ご相談だけでも大丈夫です‼
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市を拠点に近郊地域でもサービスを展開しています株式会社相仙ホームは、不動産に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、中古物件売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
新築物件・中古物件・マンション不動産等のご購入をご検討されている方のご依頼もお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Point1

河川法

重要事項説明では、河川区域、河川保全区域、河川予定地又は河川保全立体区域における一定の許可を説明します。河川法の区域に指定されているかどうかは、各河川を管理する地方整備局又は都道府県の河川管理担当部局で確認します。主に河川法に定める一級河川、二級河川などが対象になりますが、市町村が指定する準用河川についても上記の制限が準用されます。

Point2

文化財保護法

重要事項説明書では、重要文化財、重要有形民俗文化財、史跡名勝天然記念物などにおける制限、伝統的建造物群保存地区における規制などを説明します。文化財等の指定の有無について、法律上は原則として官報又は所有者等に交付される指定書で確認します。また、各都道府県又は市町村の教育委員会でも一定の行為制限を定めている場合があります。重要事項説明ではありませんが、周知の埋蔵文化財包蔵地において、土木工事等の目的で発掘しようとする場合、あらかじめ文化庁長官(届出先は教育委員会が多い)に届け出なければならない、とされています。

Point3

土壌汚染対策法

重要事項説明では、要措置区域(第9条)や形質変更時届出区域(法12条1項・3項)の制限について、相手方への説明が義務付けられています。区域指定の調査方法については、通常、各都道府県に備え付けられた台帳を閲覧するか、担当部署の窓口で確認します。重要事項説明ではありませんが、法4条では、土地の面積が3.000㎡以上の場合、届出が義務づけられています。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

安心R住宅制度について

既存住宅流通市場の活性化のためには、既存住宅の質の向上、適正な評価、安心して取引できる環境の整備等のこれまでの取組に加えて、不安・汚い・わからないといった従来の既存住宅のイメージを払拭し、消費者が住みたい・買いたいと思う「新しいイメージの既存住宅」を選択できるようにしていくことが必要です。このような背景から、国の関与のもとで、事業者団体*が、インスペクションを実施済みであるなどの要件を満たした既存住宅に標章付与を行う特定既存住宅情報提供事業者団体登録制度(「安心R住宅」制度)が創設されました。「安心R住宅」の標章を使用した既存住宅の流通は、平成30年4月より開始されています。

*事業者団体:本制度の適正な運営を確保するために必要な体制及び資力を有する一般社団法人その他の営利を目的としない法人。

安心R住宅とは:宅建業者は、自身が所属する登録団体から標章使用の承諾を得た上で、「安心R住宅」の要件に合致した既存住宅について、団体の基準やルール則りその住宅を売買する際の広告に標章(ロゴマーク)を使用することができます。登録団体から使用の承諾を得た宅建業者が既存住宅の広告に国が定めた統一の標章を使用することにより、消費者は「安心R住宅」の標章を目的に「住みたい」「買いたい」既存住宅を選択できるようになります。

Contact

お問い合わせ