マンション等に関する情報をご提供します
ご相談だけでも大丈夫です‼
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市を拠点に枚方市等でサービスを展開しています株式会社相仙ホームは、マンション不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、物件の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
住み替え・買い替えでお悩みの方のご相談も承っておりますので、お気軽にお問い合わせください。
Point1

移転の登記

移転の登記とは、権利に関する登記の分類上の名称です。ある者に属する権利が他の者に移ったという事実がある場合になされる登記が「移転の登記」で、所有権の移転の登記をはじめ、地上権や抵当権等についても移転登記がなされます。

Point2

保存の登記

保存の登記とは、原始的に生じた権利を取得した者が、その権利を確保するためにする登記を「保存の登記」といいます。例えば、家屋を建築したことによってその家屋の所有権を原始取得した場合になされる「所有権の保存の登記」が具体例です。保存登記は所有権と先取特権以外の権利についてなされることはなく、また所有権の保存の登記は初めてする権利に関する登記であるから、この登記を経ないで他の権利に関する登記をすることはできません。

Point3

申請情報

登記の申請に必要な事項として政令で定める情報をいいます。登記の申請は、申請情報を提供して行わなければなりません。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

危険負担とは

双務契約において、当事者の責めによらない事情により一方の債務が消滅した場合、他方の債務も消滅するか否かの問題です。例えば、売買契約締結後、引渡し前に目的物たる家屋が落雷で滅失した場合、売主の引渡債務が消滅するのに対して、買主の代金支払債務も消滅するか、という点で問題になります。民法は、不動産のような特定物については債権者が危険を負担すると規定しているため(債権者主義)、この場合は買主の代金支払債務は消滅しません(民法第534条第1項)。買主は引き渡しを受けられないうえ、代金も支払わなければなりません。しかし、売買契約を締結したのみで実際に所有権が移転していない段階で、危険だけを買主に負担させることは売買当事者間の公平を欠くとの批判も強く、民法第534条を限定的に解釈すべきとの学説が有力です。そこで、実際の取引においては売買契約書の条文に「本物件の引渡前に、天災地変その他売主又は買主のいずれの責にも帰することのできない事由によって本物件が滅失又は毀損したときは、売主は、本物件を修復して買主に引き渡しするものとする」と売主負担の特約を定めるのが一般的です。また、その修復が著しく困難で、買主が購入の目的を達することができない場合は、買主に契約解除権を与えることも多くなっています。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事