不動産等に関する
情報を提供します
ご相談だけでも大丈夫です❣
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市や枚方市等で営業しております株式会社相仙ホームは、中古物件・中古マンション・空き家等の不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、不動産売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
初めての不動産購入をご検討されている方のお手伝いも承っております。わからないことも丁寧にサポートいたしますので、お気軽にご相談してください。
Point1

権利部

登記記録のうち、権利に関する登記が記録される部分をいいます。

Point2

公正競争規約

不当な顧客の誘引を防止した公正な競争を確保するために、景表法に基づき事業者団体が締結又は設定し、消費者庁長官及び公正取引委員会の設定を受けた協定又は規約。宅建業者団体の自主規制規約としては、「不動産の表示に関する公正競争規約」などがあります。

Point3

公正証書

一般には、私人間の権利義務に関する事項について、公証人がその権限に基づいて作成した証書をいいます。公正証書は民事執行法で債務名義の一つとされるなど、極めて強い証明力を有します。公正証書による契約書や遺言書などが典型であります。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

境界と所有権の範囲の違い

「境界」は公法上定められた一筆の境(範囲)ですので、「所有権の範囲」とは必ずしも一致しません。一筆の土地の一部だけを人に譲渡したり、一筆の一部だけに取得時効が完成した場合には、境界線と所有権の境が一致しないことが生じます。例えば、Aの所有する甲地を、隣接する乙地の所有者であるBが越境して長年自分の土地として占有し続けたような場合、Bは越境して使用してきた甲地の一部について時効取得したことを主張することができますが、それは、Bの所有権の範囲が甲地の一部に及んでいるだけのことであり、これによって甲地と乙地の境界が変わるわけではありません。「境界」は公法上の区分線ですので、すでに決まっている境界を私人間の合意で変更することはできません。しかし、「所有権の範囲」であれば、私人間の合意で自由に決めることが可能です。例えば、甲地を所有するAと、甲地に隣接する乙地を所有するBとの間で、どこまでがAの所有地でどこからがBの所有地であるかの線引きをすることは自由です。いわゆる「境界確認書」と呼ばれるものは、正確には、この所有権の範囲を確認したものです。私人間の合意で定めた線ですから、もしそこで引いた線が公法上の区分線である境界と異なる場合があっても、境界が移動したことにはなりません。したがって、理論的には「境界確認書」があっても、「境界」は別の場所にあるという主張は可能になります。しかし、いわゆる「境界確認書」があれば、後日になって境界確定のトラブルがおきたとき境界確定のための重要な資料になります。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事