中古住宅売却するならお任せください
ご相談だけでも大丈夫です‼
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市近郊地域で営業しております株式会社相仙ホームは、中古住宅マンション不動産等の売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、不動産売却の事でお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
空き家問題でお悩みの方のお手伝いも承っております。お気軽にご相談してください。
Point1

取引事例比較法

不動産の価格を求める鑑定評価の基本的な手法の一つで、不動産の取引事例に着目するものをいいます。まず、多数の取引事例を収集して適切な事例の選択を行い、これらに係る取引価格に必要に応じた事情補正及び時点修正を行い、かつ、地域要因及び個別的要因の比較を行って求められた価格を比較衡量し、これによって対象不動産の試算価格を求められるものです。取引事例比較法は、近隣地域又は同一需給圏内の類似地域等において、対象不動産と類似の不動産の取引が行われている場合等に有効とされます。

Point2

標準地

地価公示法により都市計画区域その他の土地取引が相当適度見込まれるものとして国土交通省令で定める(公示区域)において、正常な価格を公示するために適正される土地をいいます。標準値は土地鑑定委員会が、自然的及び社会的条件からみて類似の利用価値を有すると認められる地域において、土地の利用状況、環境等が通常と認められる一団の土地について選定されます。なお標準値は一筆の土地でなくともよく、あるいは建物が建っていたり、借地や抵当権などが設定されていてもかまいません。

Point3

農地

耕作の目的に供される土地、つまり田又は畑のことで、作物を問いません。したがって、茶畑や果樹園も農地であり、休耕地も農地とみなされます。また、登記簿上の地目は関係なく、現状で判断しますので、現況が田又は畑であれば山林として登記されていても農地とみなされます。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

鑑定評価の考え方を基礎に置く方法

土地の価値を3つの面からとらえ、それらを相互に関連づけて、1つの価値を判定しようとしているのが鑑定評価です。3つ面とは、①新規に土地、建物を造るときの費用、②その不動産はどのくらいの値がつけられて取引されるか、③その不動産を有効活用するとどのくらいの収益を期待することができるか、をいいます。これらは、費用性、市場性及び収益性として表せます。価格査定もこのような考え方に基礎を置く方法が開発されています。つまり、価格を形成する多くの要因のうちから、影響の大きいと考えられると要因を取り出して、それについて一定の率をあらかじめ設けておいて、査定する方法です。査定基準を細分化すればするほど、個々の土地の特性を考慮に入れることができるようになります。ところで価格査定は、すでにわかっているデータから求めるもので、それは、売買事例の価格を採用するのが一般的であり、その実例に格差率を施して査定します。仲介(媒介)業務における住宅地の価格査定では、売買実例(取引実例)がキーポイントになります。

Contact

お問い合わせ

RELATED

関連記事