中古物件売却するなら
お任せください
ご相談だけでも大丈夫です!
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください

売却に関する耳寄りな情報をご提供します

八幡市や京都市右京区等でも営業を展開しております株式会社相仙ホームは、中古物件・マンション不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、物件の事でお悩みの方は気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
売却を希望しているマンションをお持ちの方のお手伝いを承っております
Point1

心理留保とは

表意者が、真意と違うことを自ら知りながらする意思表示のことです(ウソ・冗談=例えば、ある土地を買うつもりがないのに、わざと「買います」と表示する)。原則として有効、すなわち表示どおりの効果が生じます。しかし、表示を受けた者が表意者の真意を知っていたり(悪意)、又は不注意により知らなかった(過失)場合は、特に表示を受けた者を保護する必要がないので無効としている。

Point2

虚偽表示とは

相手方と通じて行った真意でない意思表示のことです(例:債権者からの強制執行を免れようと考え、債権者である不動産の所有者が、真実は売却する意思はないのに、相手方と通謀して仮装の売買契約をする等)。無効(そもそも、当事者にその表示に対応する内心の意思が欠けているからである)しかし、この無効をもって善意の第三者には対抗できない。上記の例で、買主が「自分の所有不動産だ」と称して、第三者がに売却してしまった場合、その第三者が前の売買の虚偽表示であることを知らない(善意)ならば、真の所有者(元の売主)は、その第三者に自己の所有者そ主張できない。なお、第三者は善意であれば登記がなくても保護されると解されています。

Point3

錯誤

表意者が、自分の内心の意思と表示したことの不一致を知らないでなした意思表示のことです(勘違い・思い違い=Aマンション購入するつもりで、Bマンション購入申込みをしてしまった場合等)法律行為の要素(重要部分)の錯誤があるときは無効とされます。ただし、表意者に重大な過失があるときは、表意者自らその無効を主張することはできない。動機の錯誤(意思表示自体に錯誤があるのではなく、内心の意思を決定する過程すなわち動機に錯誤があることです。例えば、新駅ができる噂を聞いた者がその新駅予定地周辺の土地を買収したところ、新駅の計画は、全くなかったという場合)については、その動機が表示され、相手方がそのことを知ったときは、無効となるが、表示されないときは無効の主張はできない(判例)。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

不動産に精通したスタッフがお客様に丁寧な対応をいたします

売却予定のマンションをお持ちの方からのご相談や物件探しをしている方からのご依頼にお応えしている株式会社相仙ホームは、契約締結まで責任を持ってサポートいたします。業界での経験豊富なスタッフが在籍しており、経験と知識を活かしてお客様の疑問や不安を解消いたしますので、初めての方でも安心です。アットホームな雰囲気で質の高いサービスをご納得いただける価格でご提供しているので、近隣地域のお客様からご好評いただいております。

また、平日はお仕事などで忙しいお客様でも、利用したいタイミングでご来店いただけるように祝日も営業し、年中無休でご相談を承っております。充実した暮らしに欠かせない住まいを提供し一人でも多くの方の力になれるよう、スタッフ一同日々努力と勉強を重ねておりますので、物件探し等の際はぜひご依頼ください。

Contact

お問い合わせ