空き家売却に関する
情報を提供します
売却希望のマンションもご相談ください
株式会社相仙ホーム
お気軽にお問い合わせください。

空き家売却に関する情報をご提供します

八幡市や長岡京市等で営業しており、空き家・マンション不動産売却に関する相談依頼を受け付けております。お客様に耳寄りな情報をご提供いたしますので、物件の事でお悩みの方は気軽にお問い合わせください。

良いサービスを提供できるよう努力します
Check!
責任を持ってサポートいたします
売却を希望しているマンションをお持ちの方のお手伝いも承っております
Point1

親からの借入をする場合

親からの住宅資金の借入を行う場合、手続きを誤ると、その借入金が贈与とみなされ、贈与税の課税対象となる場合があります。贈与税の課税対象とみなされないためには、税務署が正式な金銭貸借関係であると認めるような金銭消費契約書あるいは借用書の作成、返済能力があると認められる借入金額であること、実際に返済していることを証明できる支払方法をとること(例えば、金融機関からの振込みを行うこと)などが必要となります。

Point2

住宅を親との共有名義にする場合

共有とは、住宅購入する際に、親と自分が負担した資金額に応じて、住宅を共同で所有することをいいます。住宅の所有権を登記する場合に、それぞれの資金額に応じた割合で共有登記を行います。この方法によれば、贈与税の課税対象とはなりませんが、住宅を売却する場合には共有者全員の承諾を得る必要があり、売却が難しくなる可能性があります。相続が発生した場合に親も持分を相続することについて他の相続人からの承諾を得る必要があります。親の持分を自分が相続できるように、公正証書遺言を作成するとよいでしょう。

Point3

傾斜地を含む土地の場合

面積の大きい土地であっても、傾斜部分を含んでいるものは有効宅地面積が小さくなります。そのため、傾斜部分の割合がおおむね30%を占める場合には、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合(又は面積)を明示すること、とされています。もっとも、マンションや別荘地等は傾斜部分を考慮して建築されているため、除外されています(マンションの敷地の30%以上が傾斜地であっても、明示しなくても規約違反とはなりません)。また、傾斜部分が30%未満であったとしても、傾斜地を含むことにより、当該土地の有効な利用が著しく阻害される場合には、傾斜地を含む旨及び傾斜地の割合(又は面積)を明示しなければなりません。

お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
お気軽にお電話でご連絡ください
075-874-2911 075-874-2911
09:00~19:00
Access

八幡市にある不動産会社へのアクセスについてご紹介しております

概要

店舗名 株式会社相仙ホーム
住所 京都府八幡市橋本北ノ町59-23
電話番号 075-874-2911
営業時間 09:00~19:00
定休日 年中無休
最寄り 京都市内、八幡市、京田辺市、木津川市、枚方市を中心としたエリアを拠点

アクセス

八幡市で営業中の不動産会社は、京都市内や木津川市等を拠点に物件等の売買のお手伝いをしております。お客様第一で営業しておりますので、興味がある方はぜひアクセスについてご覧いただいた上でご来店ください。
特徴

八幡市やその他近隣地域でサービスを展開しております

不動産に精通したスタッフがお客様に丁寧な対応をいたします

売却予定のマンションをお持ちの方からのご相談や物件探しをしている方からのご依頼にお応えしている株式会社相仙ホームは、契約締結まで責任を持ってサポートいたします。業界での経験豊富なスタッフが在籍しており、経験と知識を活かしてお客様の疑問や不安を解消いたしますので、初めての方でも安心です。アットホームな雰囲気で質の高いサービスをご納得いただける価格でご提供しているので、近隣地域のお客様からご好評いただいております。

また、平日はお仕事などで忙しいお客様でも、利用したいタイミングでご来店いただけるように祝日も営業し、年中無休でご相談を承っております。充実した暮らしに欠かせない住まいを提供し一人でも多くの方の力になれるよう、スタッフ一同日々努力と勉強を重ねておりますので、物件探し等の際はぜひご依頼ください。

Contact

お問い合わせ